パフォーマンス力が大幅にアップ!スポーツに打ってつけな水素水の魅力

水素水を飲むことで得られる効果~嬉しい作用が満載!~
臨床試験の結果を元に見てみよう~水素水の実際の効果~
疲労回復に効果的な水素風呂ってどんなもの?

臨床試験で判明した水素水の効果

水素水は体に様々な良い効果をもたらしてくれます。その効果は、臨床試験によっても解明されています。一体どのような方法で臨床試験を行ない、結果が現れたのでしょうか。詳しい試験内容について見ていきましょう。

臨床試験の概要

試験内容
この臨床試験は、二十歳前後の現役サッカー選手を対象に行なわれました。大まかな内容としては、まず運動する前に水素水を飲んでもらい、終わった後の血液検査で筋肉の疲労状態について調べていくというものです。水素水は前日の22時に500mlを飲み、当日の5時にまた500ml、そして6時20分に500mlを飲んで、6時30分に運動を開始するという流れです。ちなみにこの時は1.0ppm濃度の水素水を使用して試験が行なわれました。選手たちには運動前に合計1500mlもの水素水を飲んでもらったことになります。
試験結果
3本目の水素水を飲んだ後、6時30分から運動試験が開催されました。その結果、普通の水を飲んだ時に比べて体内の乳酸値が大幅に減少していることが分かったのです。乳酸値が減少すると筋肉の疲労感も少なくなり、パフォーマンス力がぐんと高くなります。いくら普段からトレーニングを重ねていると言っても、激しい運動をすれば筋肉に負担をかけてしまうでしょう。試合などで好成績を残すためにも、水素水は大変効果的な飲み物だということがこの臨床試験によって証明されたのです。

この試験が意味する物とは

この臨床試験を行なったことで、運動前に水素水を飲むと筋肉に与える疲労感を減少させられるということがはっきり確認できました。大事な試合に備えて体調を万全に整えたい、力を最大限に発揮したいというときは水素水を飲むことでそれが可能になるのです。これまで生活習慣病やリウマチ対策としていろいろな臨床試験が行われてきましたが、これほどすぐに効果が現れることはありませんでした。他の臨床試験だと実際に効果が出るまでだいたい4週間以上かかることが多かったのに対し、水素水の場合は直前に飲むだけで効果を発揮できるという圧倒的な早さです。また、水素水を飲みさえすれば、他の飲み物を飲んでもいいというところもメリットの一つです。

水素水についての一口メモ~多岐にわたる水素水の研究~

美容効果抜群です(50代/男性 研究者)

水素水には体の基礎代謝を高めてくれる作用がありますので、ダイエットに最適です。体脂肪をうまく燃焼して余分な脂肪を取り除いてくれます。また、肌荒れの原因となる活性酸素を破壊してくれる作用もありますので、美肌にも効果的です。

リウマチの改善にも効く!(30代/女性 水素水専門家)

最近の研究では、水素水を飲むことでリウマチの症状を改善できることが分かっています。その理由は、リウマチを起こす悪玉活性酸素を除去してくれることが関係しています。近年行なわれた臨床試験では、高濃度の水素水を4週間点滴してリウマチが改善したという結果が出ているほどです。

指をさす女性

上記からも分かる通り、水素水は人間の体にとって非常に良い効果をもたらしてくれるのです。また、効果が現れるのも早いため、続けやすいというのもメリットの一つです。体力維持が不可欠になるスポーツ選手は、ぜひ試されてみることをオススメします。

水素水を効果的に摂取する方法

水素水には様々なタイプの製品、濃度のものがあります。摂取の仕方によって得られる効果は違いますので、より効果を高める方法を知っておくと便利です。

水素を選ぶ際に知っておきたいppmとppbの違い

水素水を摂取する上で知っておきたいのが、ppmとppbについてです。この単位は、水素水に含まれている濃度を表す溶存水素量です。ppmはpart per million、ppbはpart per billionというのが正式な名称となっています。この名称から見ても分かる通りppmは100万分の1、ppbは10億分の1の濃度を示しています。具体的にいうと、溶存水素量が1.0ppmの場合1リットルの水に1ミリグラムの水素が入っており、1ppbの場合0.001ミリグラムの水素が入っていることになるのです。水素水を摂取するなら、溶存水素量についてしっかり把握しておくことが大事です。

水素濃度は1.6pmmを目安に選ぶ

水素水の濃度は、密封した状態が最も高いと言われています。しかし、いざ飲もうとして蓋を開けると溶存水素量の値が下がってしまうのです。そのため、摂取することができる溶存水素量の値は1.6ppmが限界だと言われています。良く高濃度水素水がオススメだと謳われていますが、どの程度の濃度が良いのか分からないという人も多かったことでしょう。水素水を選ぶときの目安として、溶存水素濃度が0.8ppmの製品を購入されることをオススメします。

摂取方法の違いを知る

アルミパウチ
アルミパウチは最もリーズナブルな価格で購入することができるため、水素水を試すのが初めてという人にオススメの製品です。文字通りアルミパウチのパックに入って販売されており、コンパクトなサイズなので持ち運びに大変便利です。しかし、毎日飲むとなると費用がかさんでしまうので、継続して続けるなら水素水サーバーを利用することをオススメします。
水素水サプリメント
水素サプリメントは、カプセル状の錠剤に水素の原料を含んだ製品になります。水素原料の中には、マグネシウムやサンゴカルシウムなどの成分も含まれており、体内に入れることで水素に変換される仕組みとなっています。飲み方としては他のサプリメント同様、水で流し込んで体内へと吸収します。手軽に飲めて続けやすいのがメリットといえます。
水素水生成器
水素水生成器には、サーバータイプとスティックタイプの二つがあります。サーバータイプのものは、容器に入った水を電気分解することで水素水に変えてくれるというものです。他の製品に比べて少々値段は高めになっていますが、毎日飲み続けたいという人にとってはコストの削減にも繋がります。一方、スティックタイプのものは体温計のような形をしており、水を入れた容器に入れることであっという間に水素水に変わるという非常に優れた製品です。水素水生成器は、近年とても注目が高まっています。

水素が抜けにくいアルミパウチがおすすめ

水素水

スポーツをやっている人にオススメの水素水は、アルミパウチタイプのものです。何故かというと、アルミパウチタイプの水素水は保存がしやすいからです。水素水は通常、空気に触れると濃度が低下してしまうという特徴がありますが、アルミパウチタイプのものだとしっかりキャップをしめておけば濃度を下げることなく保存しておくことができます。スポーツで水素水を摂取するなら、水分補給も兼ねて濃度の高いアルミパウチタイプを試されてみるといいでしょう。

TOPボタン